肌ナチュールはニキビに効果があるって本当?大人ニキビのメカニズム

105768

年齢を重ねるごとに肌トラブルは増えていきます。
特に大人ニキビはできるとなかなか治りません。

顔にできると痛いし恥ずかしいので、なるべく早く治したいですよね。
そもそもニキビとは、いったい何が原因で出来ているのか調べてみました。

 

ニキビとは

 

ニキビの正式未詳は、「尋常性ざ瘡」というお肌の病気。
毛穴に発生する慢性炎症性疾患、または炎症を起こす前の状態をいいます。

〇皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴からスムーズに排出されずに毛穴にたまった状態
〇毛穴の皮脂が酸化して黒くなった状態
〇毛穴が炎症を起こして赤くなったり、膿が溜まってしまう状態

などのような症状があります。

毛穴の入り口が何らかの理由で詰まってしまうことが原因です。

皮脂分泌が活発な部位はニキビができやすく、主に顔・背中・胸元などです。
皮脂分泌が盛んになる原因は様々です。

1.成長ホルモンの影響
思春期になると成長ホルモンの影響でTゾーンの皮脂分泌が増えます。これにより顔が脂性になり、ニキビができやすくなります。

2.男性ホルモンの影響
男性ホルモンは女性も少なからず分泌されるホルモンです。またストレスなどによっても男性ホルモンの分泌は高まります。
男性ホルモンは皮脂分泌を活発にさせるだけでなく、皮膚の角化を促す働きがあります。皮膚が固くなると毛穴が詰まりやすくなります。

3.ストレス
ストレスを感じると自律神経に変調をきたし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。
このバランスが崩れると男性ホルモンの分泌が高まります。

4.黄体ホルモンの影響
排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンの一種である黄体ホルモンには皮脂分泌の作用があります。
これによって生理前はニキビができやすくなるのです。

皮脂の分泌が多くても、毛穴からスムーズに排出されていれば毛穴が詰まることはありませんが、過剰な量の皮脂が排出されてしまうと詰まってしまいます。

また、皮脂の出口である毛穴周辺の角質が過剰に厚くなると毛穴の入り口が塞がれてしまいます。こうなると、皮脂の分泌が過剰でなくても詰まりやすくなります。

過剰な刺激から肌を守ろうとして角質が固くなり、皮脂が詰まりやすくなることもニキビの原因となります。
過度な保湿や間違ったスキンケアや化粧品選びが毛穴のつまりを招くこともあります。

 

大人ニキビの原因

 

大人ニキビの原因は
お肌の乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」によって、古い角質が毛穴に詰まることにあります。
だから大人ニキビはなかなか治らないのです。

大人ニキビを治すためには、上記2つの原因を改善しなければなりません。
「お肌の乾燥」を防ぐためには洗顔・保湿
「ターンオーバーの乱れ」を治すためには生活習慣の改善が不可欠です。

 

ニキビ予防・対策の洗顔には肌ナチュールがぴったり

 

ニキビ対策には、お肌の乾燥を防ぎ、強い刺激を与えないことが大事です。

〇肌ナチュールは炭酸のおかげでお肌に負担をかけずに洗顔ができます。優しい洗顔は乾燥を予防し、角質が硬くなることもありません。

〇洗顔後の高い保湿力は、肌ナチュールの利点です。ヒアルロン酸やプラセンタも配合されておりますので、洗顔後は化粧水を忘れてしまうほどの仕上がりです。

〇炭酸洗顔でこすらないのに汚れがしっかりと落ちます。毛穴の汚れも洗い流して、ニキビを作らせません。

この3点を備えた肌ナチュールはニキビケアにぴったりの洗顔料と言えます。

 

生活習慣の改善も忘れずに

 

いくら正しい洗顔が出来ていても、ターンオーバーが乱れてしまっては肌トラブルはなくなりません。

健康的なバランスのとれた食事と、十分な睡眠時間を心がけましょう。

肌ナチュールと合わせて生活習慣を見直すことで、いつまでも若々しいお肌でいることができます。