肌ナチュールは美容液で洗っているような感覚!驚きの美容成分とは

21e92241699778304697a9316c322285_s

 

泡がとろけて美容液のようになり、毛穴の汚れを根こそぎ落としてくれる肌ナチュールのリッチモイストクレンジング。

お肌に使うものですから、何が入っているのかは気になるところですね。
一体どのような美容成分が配合されているのでしょうか。

 

国産の自然派美容成分を凝縮

 

日本人の肌を考慮して厳選された、なんと53種類もの国産美容成分を配合。
野菜や果物から抽出された自然由来の成分、
しかも国産となると、かなりこだわって作られたものであることがわかります。

さらに、出雲の温泉水を使用。
水は肌の角質層へ浸透し、
美容成分を届ける役割をしていますから、
肌ナチュールはどんな水を使うかにもこだわっています。

毎日のクレンジングをスパタイムに変え、目指したものは、温泉上がりのゆでたまご肌です。

 

53種類の美容成分って?

 

具体的にどんな効果がある成分がどのくらい含まれているのか見て行ってみましょう。

〇肌のキメを整える成分
・温泉水
・グルコノバクター/ハチミツ発酵液
→ハチミツを特殊な方法で発酵させた成分。低刺激のピーリング(角質ケア)剤。
・ヨーグルト液(国産牛乳)
・クダモノトケイソウ果実エキス
・マンダリンオレンジ果皮エキス
・オクラ果実エキス(沖縄)
・シソ葉エキス
・ショウガ根茎エキス
・オレンジ果汁
・レモン果汁
・リンゴ果汁(青森・長野県産)
・モモ果汁
・モモ葉エキス(山梨県産)
・アルガニアスピノサ核油
・ヒマワリ種子油
・フィトスフィンゴシン
→人の肌の角質層に含まれる「スフィンゴ脂質」に類似した働きをする植物由来の成分。ニキビ予防、保湿、保護、抗炎症、抗菌、皮膚柔軟化、肌荒れ予防に効果がある。
・グルコシンヘスペリジン
→水溶性を高くしたビタミンP誘導体。肌にハリを与える。
・レパゲルマニウム
→安全性を高めた水溶性の優位ゲルマニウムう。体内に酸素を巡らせ、代謝を挙げて血行を良くする。
・酒粕エキス(新潟県産)
・ソメイヨシノ葉エキス(岡山・京都・兵庫・徳島県産)
・チャ葉エキス(鹿児島県・京都府産)
・ウメ果実エキス(和歌山県産)
・ヨモギ派エキス(徳島県産)

〇潤いのための成分
・コメ発酵液(国産)
・加水分解ヒアルロン酸
・ヒアルロン酸Na
・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
・セラミド1
・セラミド3
・セラミド6Ⅱ
・コメヌカエキス(国産)
・トマト果実エキス(国産)
・キュウリ果実エキス(岐阜・長野・石川県産)
・ニンジン根エキス(国産)
・加水分解ハトムギ種子(北海道産)
・セイヨウミザクラ果実エキス(山形県産)
・イチゴ果実水(栃木県産)
・ウンシュウミカン果実水(愛媛県産)
・ヤエヤマアオキ果汁(沖縄県産)
・ヘチマエキス(沖縄県産)

〇ハリのための成分
・プラセンタエキス
・クズ根エキス
・クロレラエキス(国産)
・オリゴペプチド‐24
→アミノ酸からなるたんぱく質。肌の真皮まで速やかに浸透し、柔軟性・弾力性を高める。老化と脱水の改善、色素沈着の予防、ヒアルロン酸などの産生を促進する。
・アセチルデカペプチド‐3
→繊維芽細胞を活性化し、ターンオーバーを正常化に導く。
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
→ビタミンC誘導体の一種。美肌や老化防止に効果がある。
・アロエベラ葉エキス(沖縄県産)

〇ハリ・潤い両方のための成分

・加水分解コラーゲン
・水溶性コラーゲン
・サクシノイルアテロコラーゲン
・ビワ葉エキス(静岡県産)

なにやらカタカナの文字がたくさん並んでしまいましたが、
それぞれ効果のある天然由来の美容成分が豊富に含まれています。

 

しっとり潤いをもたらす秘訣

 

洗い上がりがつっぱることなく、潤うのが特徴の肌ナチュール。
その秘訣となっているのは、次の3つのポイントをおさえているからなんです。

(1)従来と比べて水に落ちにくい吸着型のヒアルロン酸を配合。しっとり感を維持!

(2)粒子の小さなナノコラーゲンは角質層への浸透力が高く、もっちりとした肌に!

(3)肌に必要なビタミンなどが含まれているプラセンタを、高濃度な圧力をかけて抽出した濃厚プラセンタでハリのあるツヤ肌に!

 

まとめ

 

お肌のことを考えた成分で出来ているから、肌ナチュールは洗い上がりも潤ったハリ肌になれるんですね。
合成香料や着色料も入っていないので、安心して使い続けることができます。

 

公式サイトは
こちら