肌ナチュールリッチモイストクレンジングの全成分を解説

63f81dc9ee0da83e39b76cf8c20f4e31_s

どんなクレンジングを使っても毛穴の奥の汚れが落ちない、クレンジングのたびに潤いが逃げていく気がする…。

年齢とともにくすみやお疲れ肌、毛穴の目立ちが気になってくるとつい美容液に頼りがちではありませんか?

そして美容液をつけてその刺激で肌荒れする、といった負のスパイラルに陥る前にクレンジングから見直してみませんか?

多くの女性誌や美容雑誌などで取り上げられているのが「肌ナチュール」のリッチモイストクレンジングです。
インスタグラムやSNSでも注目を集めているアイテムですが、
数あるクレンジング商品の中でも特に人気になっているのはなぜなのでしょうか?

 

国内産原材料を厳選する安心できるクレンジング

 

肌ナチュールというブランドは年々増える肌トラブルを抱える女性に安心して使ってもらえる化粧品アイテムをそろえています。

中でもクレンジングは日本国内でとれた美容成分を50種類以上をたっぷり配合した肌思いのクレンジングアイテムです。

他社の場合、海外産の成分を配合している商品も多くありますが
このクレンジングは産地がわかる成分しか使わないという徹底したこだわりを持って作っています。

また水にも着目し、肌へ届ける働きをする水には出雲の温泉水を使い
美容液のような使い心地を実現しています。

日本人女性の肌に使うクレンジングには、
産地の分かる日本でとれたものを使うことを大切にすることで肌荒れしやすい人でも使いやすい商品が生まれているのです。

 

リッチモイストクレンジングとは

 

肌ナチュールのリッチモイストクレンジングは、ほかのクレンジング商品とはどう違うのでしょうか?

2年の開発期間を経て商品化されたこのクレンジングは、最初に手に取ると泡状に出てきます。

さらに配合されている炭酸成分が肌に乗せたときに美容液のようにとろけ、肌への摩擦を軽減しマッサージしやすくなります。

またこの商品1つでクレンジング、洗顔、トリートメント、角質ケア、パックにマッサージオイルと6種の機能を備えています。

朝の忙しい時間や夜のバスタイムなど、美容に関する手順を減らすことができるのも忙しい女性にはうれしい魅力です。

さらにスペシャルケアとして洗顔後にたまご大の泡を顔全体に乗せて手のひらでぐっと浸透させる炭酸パックとして使うこともできます。

使った後の肌は、もちもちした肌触りでまるでエステに行ったあとの肌のようになると
使った女性たちから高い評価を得ています。

 

気になる全成分を紹介

 

肌ナチュールのリッチモイストクレンジングは厳選した国内の成分を使っている安心安全のクレンジングです。
でも特定の成分で肌荒れする人にとっては、あからじめ全成分をチェックしておくと安心ですよね。

以下では配合されている全成分について紹介します。

(肌のきめを整える各成分)
温泉水、グルコノバクター、ハチミツ発酵液、ヨーグルト液、クダモノトケイソウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、オクラ・しそエキス、
ショウガ根茎エキス、オレンジ・レモン・リンゴ・モモ果汁、アルガニアスピノサ核油、ひまわり種子油、フィトスフィンゴシン、グルコシルヘスペリジン、
レペゲルマニウム

(ハリ成分)
プラセンタエキス、クズ根エキス、クロレラエキス、オリゴペプチドー24、アセチルデカペプチド-3、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

(潤い成分)
コメ発酵液、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミド1・3・6Ⅱ、コメヌカエキス、
トマト果実・キュウリ果実エキス、ニンジン根エキス

(その他成分)
加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン

もちろんパラベン、鉱物油、合成着色料・香料は一切入っていません

肌ナチュールのリッチモイストクレンジングで肌荒れしないもちもち肌を実感してみてください。

公式サイトは
こちら